てんかんは1000人に5人~8人が発症する病気です。また乳幼児~お年寄りまで幅広い年齢層で発症する病気のため、てんかんの初期症状については十分注意が必要です。また年齢別発症率を当サイトでまとめておりますので是非ご覧ください。

てんかん年代別発症率

てんかんの薬と結婚について

てんかんの持病を持っていても服薬管理がしっかりと出来ていれば結婚し、健康的な社会生活を長期間にわたって営む事が可能です。
てんかんは治らない病気ではないです。時間はかかるものの粘り強く薬等を活用して治療を続ければ治ります。この病を持っている人の結婚はパートナーやその家族の理解がなければうまくいかないです。関係するすべての人々がてんかんに対して正しい知識を持ち、薬を医師の指示通りに飲めば結婚生活で問題が発生する事はないです。
パートナーから敬遠されると思い、結婚するまでこの病気の隠したり、服薬をしなかったりする人がいます。このような行為は自身の心身に大きな負担をもたらします。また、てんかんの患者だけではなく、パートナーにも悪影響をもたらします。結婚生活を成功させるためには自分の状態をある程度は相手にオープンにし、付き合う事が大切です。
薬を飲まずに誤魔化そうとする人もいますが、生命の危険があるのでやめた方が良いです。
てんかんは誰しもが罹る可能性のある病気です。患者は不安や辛さを感じるのではなく、病気を理解し、しっかりと薬を飲む事が大事です。このような考え方をしていれば結婚生活もうまくいきやすいです。
結婚を成功させるためには本人同士が理解し合うだけではなく、双方の家族や友人の理解も必要です。当事者以外の多くの人間がてんかん自体や服薬に理解があればパートナーとの生活はうまくいく可能性が高いです。
この病気を持っていても自己管理がしっかりと出来れば結婚も可能です。薬物を使用する事も大切ですが、夫婦がコミュニケーションを取りながら病気と向き合う事も改善には重要です。心のケアと体のケアの双方を行うべきものです。