てんかんは1000人に5人~8人が発症する病気です。また乳幼児~お年寄りまで幅広い年齢層で発症する病気のため、てんかんの初期症状については十分注意が必要です。また年齢別発症率を当サイトでまとめておりますので是非ご覧ください。

てんかん年代別発症率

病院での治療とてんかんの予後

病院で早めに治療を開始すればてんかんの予後は良好なケースが多いです。しかし、定期的な服薬を怠ったり、別の疾患になってしまったりした時はその予後が不良になるケースもあります。
てんかんには様々な種類があります。そのため、病院で診察を受けた後の状態は種類や個人の心身の状態によって異なります。但し、どの種類のてんかんであっても初期の段階で病院の医師のケアを適切に受けている人はその予後が良いケースがほとんどです。
てんかんの症状が軽いものであっても、日常生活において心身に強いストレスを与える出来事が続くと症状が悪化し、予後が不良になります。予後を安定したものにするためには病院で適切な治療を受け、服薬管理を怠るだけではなく、自身の心身に必要以上のストレスを与えない事が大切です。自分の健康状態を自分でコントロールする事も大切です。
種類によっては予後が不良で長期間にわたってその病気で苦しまなければならないです。しかし、てんかんは治らない病気ではないです。状態が良くなくても治療や完治を安易に諦めるのではなく、粘り強くケアを続ける事が重要です。
てんかんのケアは患者だけでは出来ないです。医療従事者、家族、友人のサポートが必要不可欠です。苦しい状況にあっても近くで寄り添ってくれる人がいる患者は予後が良いものではなくてもてんかんが治る可能性が高いです。
早めにケアを行う事、異変を感じた時にすぐにケアをする事を順守していればその病気で必要以上に苦しむ事はないです。予後が不良になるのは何らかの原因が必ずあります。当事者やその関係者はその要因を発見し、すぐに対応する事が本人の健康のためにも良いです。しっかりとケアをすれば悪化する事はないです。