てんかんは1000人に5人~8人が発症する病気です。また乳幼児~お年寄りまで幅広い年齢層で発症する病気のため、てんかんの初期症状については十分注意が必要です。また年齢別発症率を当サイトでまとめておりますので是非ご覧ください。

てんかん年代別発症率

てんかん年代別発症率の2016年5月の記事一覧

  • てんかんと急性症候性発作の違いと発作対応

    てんかんは脳の慢性疾患のひとつで、大きく分けて「特発性」、「症候性」、「潜因性」の3つにわかれます。てんかんは年齢を問わずだれでもなる脳の疾患ですが、特に多いのは症候性のものです。 症候性てんかんはインフルエンザ脳症や頭…続きを読む